顧客を増やすヒント

起業に失敗しないようにするには、顧客を増やしていかないとなりません。
顧客づくりのためには、アプローチをし続けることです。

また、ブランドを認知してもらうために、メルマガを継続し、契約したお客様には定期的にコンタクトを取る、またWEBの色使いを変えない、メインのコンセプトは変えない、読んでもらえるコンテンツを徹底する、価格で釣らないなどを課していくことも大切です。

キャッチフレーズを考えたり、イメージを固定してもらうために企業カラーを持つこともよいでしょう。
販売や売ることにつながる戦略が必要です。

 

またお客様は価格より内容を重視するものです。
安ければ安いほど良いという話をしている人でも、そこは内容が伴っていなければ、それっきりの付き合いになってしまいます。

起業家としてその業界に分け入っていくときに、価格競争ができるのかどうかも疑問です。

起業を考えた時、そこにはコンセプトがあったはず。
そのコンセプトで差別化していかなえればなりません。
購入者のメリットが価格だけでは、弱いのです。
価格だけではなく、差別化された商品の価値を作り出してください。

 

もしライバルよりも価格が高くなってしまうならば、「高い理由」を明記し、購入意欲を刺激してあげましょう。
競合他社との比較から自分の商品を選んでもらうには、その価値を伝えていかなければならないのです。

差別化された価値をしってもらい、満足を得てもらう。
そのためには、お客様のニーズをとことん知る必要があります。

 

こういった過程を重ねていくことにより、自分の商品に対する表現力が増してくるはずです。
自分の商品の良さをどのように説明するか、わかってもらうかに頭を絞ってください。
「使ってみれば判る」といえるのは、顧客をたくさん掴んでからの話です。

 

現代では「モノさえ良ければ」だけでも「安ければ」だけでも集客はできません。
人々のライフスタイルや流行にも敏感になっておきましょう。