顧客作り

売上は顧客がいなければ上がりません。
企業にとって顧客づくりは絶対の条件です。

起業する際のビジネスプランは「顧客」をどうやって作っていくか、彼らとどのように接点を作れるか。

顧客づくりは実際に動かなければできません。
そのため動くためのプランを練る必要があります。
ターゲットを考え、どのようなアプローチで顧客を作っていくのかという方針を決めていく必要があります。

 

事業に失敗しないためには、経営資源(ひと・もの・かね)を次々と投入する必要があります。

経営資源を投下したら、その分、収益を生み出す努力をしてください。最適な資源を投下し活動することで、収益を生み出す継続していく。それが起業家にとって目指すところの事業というものです。

経営資源が有り余るほどあるとしても、競合他社との闘いに敗れたり、すでに強い企業があると、たちまち息切れしてしまいます。
売上を上げるために常に戦略が必要です。
せっかく顧客ができてもすぐ飽きられるようなものだったり、次は使ってもらえないとなると、継続して成功は望めません。

 

顧客との接点はメルマガやSNSで取り込める可能性は高いものの、その継続となると厳しいものがあります。

一発アイディアでは顧客は飽きてしまいます。
常に顧客の気を引いてもらえるよう、品質向上なり、新しい企画を生み出さなければならないのです。
企画をして営業をして税務管理をして‥‥‥起業というのは忙しいのです。

 

もちろん、いきなり老舗のような商売の仕方なんてできません。
ビジネスという世界に馴染むために、起業家はよそ者、新参者、下っ端という意識も持っていた方がいいでしょう。

起業してしまえば、いくつものことを同時に進行していくしかありません。そのためにも、起業準備の段階で緻密なプランを立てるべきなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です