働き方改革

なぜ、国が動いてまで、「働き方改革

の取り組みのような改変を行うに至ったか考えたことはありますか?その背景には、日本の労働力人口の不足があると言われています。

第二次世界大戦後、平和になりつつある世の中で、兵士が帰郷し、安堵した人々は子を授かり、その時期の1947年~1949日本国内における年は、第一次ベビーブームと呼ばれました。年間の出生数は、250万人、合計するとおおよそ800万人と言われています。この時代に生まれた人々を、「団魂の世代」と呼び、その労働力は日本の高度成長期に大いに反映されました。その後、団魂ジュニアと呼ばれる世代が、1971年~1974年に、第二次ベビーブームを起こしましたが、その後、第三次ベビーブームは訪れず、第二次ベビーブーム以降は、少子化問題が取り上げられています。また、一人の女性が産む子供の数の平均を示した出生率も、1947年の4,54から、2017年1,47に減少しています。少子化問題と高齢化問題は、日本の経済成長と維持を踏まえる上で、深刻な問題を抱えており、その中で「働き方改革」は足早に論議されていると言われています。そんな、日本経済の発展を「働き方改革」は、担っているのです。

労働力を増加させる方法は、いくつか取り上げられています。

  1. 育児、介護に追われる女性の社会進出
  2. 高齢者層の雇用促進
  3. 副業、兼業の推進

などが、大きな取り組みとしてムーブメントを起こしています。

女性の雇用環境を整える為に、フレックスタイム制度、在宅勤務制度が見直され、

高齢者のマンパワーを活かす、定年延長支援、高齢者就労環境の整備が強化される

副業、兼業を推進する為の、起業セミナーや、兼業についての説明会などが、各地で行われています。働き方改革は、個人のライフスタルを見直すことで、国を立て直そうという大きな役割を担っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です