求人を出す(ハローワーク)

求人を出そうと思った時、インターネットの求人サイトやチラシなど、様々な方法が考えられると思います。迷った時や初めての時は、まず無料のハローワークの利用がお勧めです。お金がかからないのはもちろん、逆に助成金を受けられる場合もあります。

ハローワークの利用方法を確認していきましょう。まずは会社の住所地を管轄するハローワークに行きましょう。初めて求人を出すという場合は、事業所登録も必要になります。2回目以降はインターネットやFAXでも登録できますが、初めての場合は直接出向きましょう。求人票を公開する前に、助成金が貰えるかどうかなど、初めにきちんと確認しておく必要があります。

次に、「事業所登録シート」と、「求人申込書」が必要になります。事業所登録シートは、事業の内容や特長。求人申込書の方には、具体的な仕事内容や給与、雇用形態などを記入する必要があります。求職者は求人票をよく確認しています。漏れがないように記入しましょう。この2種類を窓口に提出し、受理されると、早ければ翌日には求人票が公開されます。この情報公開範囲は、自分で選ぶことができます。全利用者公開にすると、人災紹介会社などから連絡が入ってしまう場合もあります。煩わしいようでしたら非公開にしましょう。

求人の希望者がいる場合、ハローワークから電話がかかってきます。まずは履歴書や職務経歴書を送付して貰いましょう。書類での選考の後に、面接をしたい応募者には直接連絡をしましょう。全ての選考が終わり採否を決定したら、必ずハローワークに連絡しましょう。採用が決まった場合は、直ぐに求人票を取り下げる必要があります。なるべく時間を掛けず、円滑に進めるようにしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です