口座開設に必要な事

実際に、新規の銀行口座を開設する前に、必要なものや、知っておきたいことについて確認していきましょう。まず、会社の銀行口座を開設するには「登記簿謄本」が必要になってきます。法人での設立登記が完了した後に、登記謄本を取ってから登録する必要になってきます。必要な資料については、銀行によって違いはありますが、おおよそ同じです。まずは前に述べた通り、登記簿謄本(履歴事項全部証明書)が必要です。他に、認証を受けた諦観や、代表印(法務局に届け出たもの)、印鑑証明書、窓口で手続きをする人の身分証明書、他に代理人が行く場合には、社員証などの関係を示す資料が必要になってきます。

次に、どこの支店に行くかです。原則としては、会社(本店)の最寄りの支店と定められています。ここ以外では、口座を開設することができないので注意が必要です。別に事業所や営業所がある場合には、その場所を示せる書類を持参する必要があります。銀行窓口では、「口座開設依頼書」を記入します。この依頼書には、事業内容や株主などについて記載をします。口座開設依頼書をもとに、書類確認が行われます。もしも4分の1を超える株式を持っている株主がいる場合、その人の情報(氏名、住所、生年月日など)も聞かれます。しっかり答えられるよう、準備をしていきましょう。

この口座開設依頼書の内容については、窓口で直接担当者と話をします。どういった事業内容なのか、会社について具体的に聞かれます。もちろん、入金についても細かく聞かれるでしょう。ここで事業内容が不明瞭だった場合や、入金についての見込みがない場合などは断られてしまうこともあります。きちんと下準備をして、誠実さをアピールする必要があります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です