経理の基礎知識レシート

会社を設立したばかりの時は、やる事も多く、経理関係にもなかなか手が回りません。なるべく時間をかけない手順で、なおかつ決算で困らないような準備をする必要があります。

経理の一番大切なことは、「購入したら必ず領収書をもらうこと」です。当然ながら、経費のなるものを指しています。捨てたりはせず、必ず取っておきましょう。後で何に使ったか分からなくならないように、何を買ったのか、何の用途なのかを一緒にメモしておきましょう。領収書というと、店などで「領収書をください」という場面を想像しやすいかと思います。しかし、レシートでも問題はありません。ただし、レシートに「日付」「店舗名」「内容」「金額」が書いてあることが条件です。もしもプライベート用のものを買った場合でも、経費にしないものに二重線を引いて消しておけば問題ありません。手書きの領収書を書いてもらう場合は、日付と宛名を必ず書いてもらいましょう。日付のない領収書は、消費税を計算する時に効力がなくなってしまいます。後で書き加えるにしても、同じ筆跡の領収書が何枚もあるのは不自然です。

領収書がもらえない場合もあります。例えば、地域によっては駅で切符を購入しても領収書ボタンがないばい場合や、取引先に結婚のお祝い金などを渡した場合です。このような場合は、「出金伝票」に記入しましょう。これは文具店や100円ショップなどで安価に手にいれることができます。この出金伝票に、支払日、相手先、支払目的、金額などを記入すれば領収書の代わりにすることができます。ただし、結婚式の招待状やお礼状など、とにかく証明になりそうなものがあれば一緒に添付しておく必要があります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です